まさか自分がコンジローマ?すぐに手配するアルダラクリーム

性病と皮膚病に効くクリーム

【コンジローマと日光角化症】
コンジローマは"ウィルス"が感染してしまうことで発症する性病の1つです。
性器に疣贅(ゆうぜい)と呼ばれるイボが出来るのが特徴。
次第にイボの数も増えていくので、カリフラワーやトサカのようにも見えます。
外科的な治療によってイボを消失させることは可能なものの、一度感染してしまうと完全にウィルスを取除くことは難しいとも言われています。
またこの性病は、国内の感染者数は第4位となっています。
一方の日光角化症は、高齢者に多いとされる皮膚病になります。
紫外線を長期間に渡って浴びていることで引き起こされます。
放置してしまうと「皮膚ガン」へと進行してしまう可能性もあるので、未然に防ぐためにも治療がひつようです。

【2つの異なる病気に有効な治療薬:アルダラクリーム】
これは先発薬:ベセルナクリームのジェネリック医薬品になります。
ウィルスに対しては、イボに直接塗り込む方法で使用します。
それによってウィルスへの免疫力を高めることが出来るとされ、ウィルスが増殖してしまうことを防ぐことができます。
そしてウィルスが感染した細胞に障害が起こるのでイボが消失する仕組みになっています。
先ほども言いましたが、完全にウィルスを除去することは難しいですが、今まで外科的な治療が必要だったコンジローマの治療がクリームで治療が可能になってので利便性が高いです。
また一度、イボを消失させれば再発率も低いと言われているので有効性も高い国内初のクリームになります。
性病になるので、症状を完治させずにSEXをしてしまうと相手にも感染させてしまうので要注意。
日光角化症に対しては、2011年に追加で効果が認められました。

【アルダラクリームの副作用】
ほとんどの人に、
・発赤
・びらん
・皮膚表面の剥離(皮がむける)
・むくみ
・痒みあるいは痛み
などの皮膚症状が起こると言われています。
これはアルダラクリームが聞いている証拠になります。
イボや角化皮膚が消失していく過程に見られる症状になるので、ある程度は仕方が無いことになります。